作方法
●ゲーム中の操作方法、基本動作を説明します。
※キーボードの操作はカスタマイズ可能です
アクション決定ボタン状況に応じて、サーブ、レシーブ、トス、アタック、ブロック等のアクションをする
チェンジキャンセルボタン1人で2キャラを操作している場合は、操作キャラを切り替える
移動←、→操作キャラの左右の移動
サーブ、スパイク時の打ち込む位置の制御
ジャンプ右上、左上でその方向に斜めジャンプする
ハイジャンプ←か→を20フレーム
↓方向
左上か右上
ハイジャンプ
地上を一定距離走って下押して斜め上(真上は無理っぽい)
右に走って左上に飛ぶことも可能
空中ダッシュ空中で←←、→→操作キャラが空中のみダッシュ
フェイント攻撃時↑+A操作キャラが空中に居るときにフェイントアタックを行う
アピール攻撃時↓+A操作キャラが空中に居るときにアピールゲージを1消費してアピールアタックを行う
操作キャラがサーブ時はアピールゲージを1消費してアピールサーブを行う
ダブルアタック二人同時にアタックする相手のブロックを貫通する強力なスパイク
クイックレシーブ又はトスで上昇中の
ボールをアタックする
すばやい攻撃が行える
 ESCゲームを終了してタイトルに戻る
タイトルからはプログラムを終了する
 F10一時停止/解除
 F3コマ送り
 F2コマ送り解除


境設定
●環境設定を行なうツール「vscustom.exe」について説明します。
と言っても見てのとおりですが。

ウィンドウスタイルゲームをどの画面で起動するかを選択します。
普通はフルスクリーン(24bit)でしょうけど、
処理が重いようであれば16bitにしましょう。
MUSIC音楽の音源を選択します。
普通はWAVEでしょうけど、MIDI用にサウンドカードを積んでいる場合や、
MIDI外部音源装置があるなら。MIDIってのも良いかも。
FPS
(FramePerSecond)
ゲームの1秒あたりのコマ数です。
普通は滑らかな動きの60でしょう。
ゲームが処理落ちして遅い場合は30にしてみましょう。
FPSを表示するチェックを入れると、ゲーム中に、1秒間に何回描画出来たかを画面右下に表示します。
FPSを60にしている場合、60であれば正常ですが、それ未満なら処理落ちしています。
グラフィックを低解像度にする画面の質を下げてメモリの節約と処理速度を向上させます。
普通はチェックしません。
キーボードの操作キーボードでの操作のキーを割り当てます。
パッドが無い人は、自分のやりやすいよう、キーを割り当ててください。
また、パッドを割り当ててもキーボードは利用できます。
1人プレイ用のパッド設定1人でゲームをするとき、どのパッドを使用するかを選択します。
「パッドなし」を選択するとキーボードでの操作になります。
2人プレイ用のパッド設定2人でゲームをするとき、どのパッドをどのプレイヤーが使用するかを選択します。
ちなみに両方ともパッド1にした場合、1P側しか操作出来ません。
3人プレイ用のパッド設定3人でゲームをするとき、どのパッドをどのプレイヤーが使用するかを選択します。
キーボードでの操作は2人までなので、3人以上で遊ぶ場合はパッドが1つ以上必要になります。
4人プレイ用のパッド設定4人でゲームをするとき、どのパッドをどのプレイヤーが使用するかを選択します。
基本的には1Pにはパッド1、2Pにはパッド2・・・で良いです。
キャンセルせっかく設定した内容を保存せずに終了します。
間違えてぐちゃぐちゃにしてしまった場合にどうぞ。
ちなみに、azvolley.iniを削除してvscustom.exeを起動すれば初期設定になってます。
OK設定した内容を保存して終了します。


ちよについて
●まず「1人であそぶ」を全ステージクリアして、それでも分からなければ掲示板等で尋ねてください。



ッドを繋ぐ手段いろいろ
手軽に操作するためや、3人以上で遊ぶためにはパッドが必要です。
以下にパッドを繋ぐ手段を簡単に紹介します。
PC MagicBox
SegaSaturn、PlayStation、DreamCastのいづれかをUSBで繋ぐことの出来る優れもの。
ポートは3つあるが、同時に使えるのは1つのみ。
SegaSaturnパッドを繋ぐことの出来る一番入手しやすいものがこれ。
AtrUSB
Team Plus製のSegaSaturn、PlayStation、SuperFamicom、Famicom、MegaDrive等を、
USBで繋ぐことの出来るすごいヤツ。
同人ハードウェアのようで、通販が可能。
SmartJoyPadシリーズ
PlayStationのパッドをUSBで繋ぐことが出来る。
簡単に入手できて、安価なのがこれ。
写真左がSJP3、右がSJP2。性能差はほとんど無い。
今ではSJP3Plusというものが発売されていて、1つでパッド2つを接続できる。
よくわからないもの
秋葉原を探索していると、時々出所不明のものがある。
写真のは1つでPlayStationパッドを4つUSBで繋ぐことが出来るもの。
日本語で書かれてないので初心者向けではないが、正常に使える。
類似品は多く、日本語説明のものもある。
IF-SEGAシリーズ
PCIかISA1枚でSegaSaturnのパッドを2つ繋ぐことが出来る。
マルチタップがあれば16個とかでも繋ぐことが出来るらしい。
残念ながら入手はその手の人でも難しい。
上記以外にも、パッドの端子がUSBで直接繋ぐことの出来るものや、
ゲームポートといって、よくサウンドカードに付いている端子を使うもの等もあります。
レア物として、シリアルポートを使うものや、キーボード端子に挟むものも存在します。
人によって方向ボタンが押しにくい等ありますので、買い替えがきいて汎用性のある、
家庭用ゲームのパッドを繋ぐことが出来るものをお勧めします。
特に、1つでプレステパッドを4つ繋ぐことの出来るものがお勧めです。