資料室 最新3ページ
 ■Report Liblary..._____________
| HOME | | 10回毎一覧 | | 最新100リスト | | ANDOR  | | 辞書 |

Close

Only
000050.JavaScriptでMQO to VMLコンバータ 
  (2004年10月14日(木) 20:01)

Open
JavaScriptでMQO to VMLコンバータ

●どんなものなのか
タイトル通りですが、Metasequoia形式(*.mqo)から、
VectorMarkupLanguage(以後VML)に変換するプログラムです。
IE6では標準のままで見れますが、他は知りません。
3D表示するのに最低限+α程度のデータを解析し、VMLとして表示します。
カラーは取れるけど、ミラーとかテクスチャーとかは対応してません。
ドラッグによる回転も出来ますがかなり重いです。
で、VMLは3D用のデータではないので3次元座標を持っておらず、非可逆です。
生成されたVMLコードをHTML内で表示するなりして遊んでください。

●簡単な使い方
Metasequoiaで生成されたmqoファイル(なるべく面数の少ないもの)を
テキストエディッタで開いて、全部コピーして、
画面左上のmqo項目のテキストエリアに貼り付けます。
そして上部中央の「変換」ボタンを押すと、
VMLコードが右上のテキストエリアに書き出され、
画面下には実際にデータが表示されます。
適当に回転して、気に入ったアングルでVMLコードをコピーして
好きなように使ってください。

●各項目の解説
・MQOとVMLの「選択」ボタン
  各テキストエリアのテキストを全選択した状態にします。
・「変換」ボタン
  変換処理、画面更新を行います。
  マウスドラッグでも画面は更新されますが、
  色など一部項目はこちらじゃないと更新されない所もあります。
・描画サイズ
  描画画面のサイズです。
・倍率
  オブジェクトの表示倍率です。
  100%でmqoでのサイズ1が、約1ドットになります。
・歪み
  奥行によって、手前のものは大きく、奥のものは小さく見せる比率です。
  0%で差は0になります。
・位置
  オブジェクトを表示する位置を指定します。
  データによっては画面からはみ出したりなので、ここで調整してください。
・面濃度
  面の透明度を指定します。
・カリング
  カリング処理(裏向きの面は描画しない)を行います。
  チェックを外すと両面扱いになるので、全ての面が描画されます。
・Zバッファ
  Zバッファ処理(奥から描画する)を行います。
  オブジェクト毎に、面の中心点で計算を行っています。
・線幅
  面を縁取る線の幅を指定します。
  線の色はmqo内のデータが使われます。
・線濃度
  線の透明度を指定します。
・線保護色
  線の色を面の色に合わせます。
・縁取り(チェックボックス)
  縁取り処理のON/OFFを切り替えます。
  線の色はデフォルトではmqo内の値が使われます。
・縁取り線幅
  縁取りの線の幅を指定します。
  1だと、面に隠れてしまうので、2以上で指定します。
・線色
  縁取りの線の色を指定します。
  チェックを入れると有効になります。
・回転
  X軸、Y軸で回転角度を指定します。
  マウスドラッグすることで回転も行え、そのときこの値は自動更新されます。
・リセット
  回転の値を0にします。
・ドラッグ
  マウスドラッグでオブジェクトの回転をする機能のON/OFFです。
・光方向
  光源の方向を指定します。
  指定した方向からの無限平面光線になります。
・輝度
  光の強さを指定します。
  0でシェーディング処理を行いません。
・光源色
  光源の色を指定します。
・環境、反射、コントラスト
  それぞれのシェーディング処理のON/OFFを切り替えます。
  反射は環境がONになっていないと効果が出ません。
  これら項目については別途解説。
・背景色
  背景の色を指定します。

●VMLお絵かき掲示板での使い方
まずはmqoをVMLに変換し、VMLコードを生成取得しておきます。
先頭の「<?xml:namespace prefix = v ns = "urn:schemas-microsoft-com:vml" />」は削除します。
お絵かきのほうで適当に線を書き、履歴からそのパーツだけを選択し、編集状態にします。
情報タブの所にソースコードが表示されるので、そのノードIDをVMLコードに記述します。
「<v:shape id=nr1 ・・・」の「nr1」がノードIDになります。
VMLコードのほうの「<v:group id=Obj」となっているところを
「<v:group id=nr1」のように書き直します。
(この処理をしないと再編集できなくなります)
情報タブのテキストエリアを全部消し、書き直したVMLコードをペーストして
更新ボタンを押せば出来上がり。

●制限とか
・テクスチャ、影、スムースやバーテックスシェーディングが無い
 無理無理。VMLで頂点カラーが実装されればバーテックスはいけるかも。
・重い
 300ポリくらいまでならどうにかなると思うけど、それ以上はきついですね。
 高速化案とかあればむしろ教えて欲しい。
・mqoにあるカメラアングル情報
 現在使えません。そのうち対応するかも。
・ドラッグによる回転が時々おかしな動きになる
 JavaScriptの仕様です。
・VRMLは?
 標準のままのIEで使えることを目的としてるので。対応してません。

●これを作った動機というか、何のためなのか
MetasequoiaユーザーでVMLに興味があるのは数人程度だろう。
VMLに興味があって、3Dをやっているのは数十人あるいはもっとだろうか。
某掲示板で晒す予定なので、これを期に興味を持つ人が少し居るかも知れないが、
結局やっぱり数人しか使わないだろうと思う。
個人的にはDHTMLとして評価してもらいたい。
が、その手のサイトやJavaScript関係で公開しても、
評価出来る人は居ないのではないだろうか。
元々自己満足だが、どれほど無駄な事に力を注いでるのかを知って欲しいと思った。

●著作権とか免責とか
基本的に良心に任せます。
生成されたデータについてはご自由にどうぞ。
このツール自体又は一部を、直リンクとかコピー、利用するならご相談ください。



Close

Only
000049.チルトホイールマウスを購入したが・・・ 
  (2004年05月30日(日) 13:52)

Open
●チルトホイールマウス購入
以前からちょいときになっていた、横移スクロール可能なチルトホイールを購入した。
ワイヤードか、ワイヤレスか迷ったが、ワイヤレスのほうがマウス買い替えキャンペーンで\2,000引きになるので、
ちと古いマウスを持ってって下取りで更に23%還元で\3,957。たぶん最安値かと。
色は最新のナイトビジョングリーン。
中身は同じなのだろうけど、告知されずにバグ修正というのは充分有り得る話なので。
カテゴリメーカー型番値段
チルトマウスMicrosoftWireless Intelli Explorer2\5,140(\3,957)ビックカメラ
合計\3,957 
●対応していませんでした 早速取り付けてドライバをインストールしてみたが、横スクロールせず。 切り替え機を通していたためかと思い、USBで直接繋げてみるが、やはり動作せず。 おかしいなあ、と箱を見ると対応OSは「Microsoft Windows 2000 Professional、Windows XP」 と、赤太文字で記述されている。うちで試したOSはMicrosoft Windows 2000 Server。 違いなんて無いだろう、これくらい動くだろう、なんて考えていたが甘かったようだ。 95、98、Meでは動作しない旨が注意書きされているが、2000 Serverについては書かれておらず。 残念。しかしこれはトラップだと思う。 ●動きが悪い Serverでは動作しないので、Professionalに付けてみたところ動作はした。 が、遅い。縦回転のスクロール速度は可変だが、横については固定のようで、 あまりにも遅すぎて、スクロールバーまたは、ミドルボタンを押してスクロールのほうが全然使いやすい。 押しにくいのは慣れていない所為もあるが、これでは役に立たないだろう。 ●その他の所感 電池を2つ入れるとやたらと重く、マウスパッドも光沢のあるような、滑りの良いものを使う必要がある。 とりあえず電池1つでも動作するが、ワイヤレス有効範囲が狭くなる。 障害物があっても1.8mほど届くそうだが、90cmくらいまで下がる気がする。 ちなみに、ディスプレイのような電波妨害性能のあるものは貫通できない。 電池1本でも電池残量は100%。なんか違う気がする。 そして、ON/OFF、充電機能が無い。 動きの滑らかさは上々のようだ。つっかえることなくスムーズに動作する。 ●終わり 買った理由に、今まで使っていたIntelliMouseExplorerがチャタリングを起こしたというのがある。 右クリックが、ダブル右クリックになってしまい、一部のソフトでえらい迷惑になる。 買い替え時っぽいというので買ってみたが、大ハズレを引いたようだ。 ということで、昔の2000/分スキャンのインテリマウスに戻しました。 ワイヤレスは、電池を抜いてしまっておきます。おつかれ。 ●6000と2000の見分け方 やはり昔のマウスは使いにくい。時々カーソルが飛ぶ。 IntelliMouse Opticalは発売してから数ヵ月後に2000から6000スキャンになったものが出ているのでそれを詮索。 WonderCityでバルクで売っていたのでそれを購入。
カテゴリメーカー型番値段
インテリマウスMicrosoftIntelliMouse Optical\2,499(\2,623)Wonder City
合計\2,623 
見分け方はマウスの裏側。(クリックすると拡大画像が表示されます) 普通のOpticalが2000で、Optical 1.1が6000になる。
6000スキャン/分2000スキャン/分
最近ではMS製品では2000スキャンのものは探すほうが大変だが、 他社製品で何も書かれていなければ2000〜4000の物が未だに多いので注意が必要である。 スキャン回数は可変なものもあり、マウスのプロパティ>ハードウェアのプロパティ>詳細設定で変更できる。 ●まとめ 個人的偏見と趣味で各種マウスを評価してみた。
 スキャン重量ボタンフィーリングOS対応
Wireless Intelli Explorer2 6000重い普通普通悪い
InteliMouse Explorer3.0 6000普通軽い普通良い
IntelliMouse Optical(後期) 6000軽い硬い良い良い
IntelliMouse Optical(初代) 2000軽い普通良い良い
スキャンは当然6000じゃないと使い物にならず。重量とボタンは軽いほど良い。 フィーリングは使い心地。これは個人差ありそうだが。 OS対応はその名の通り。チルトのみが対応していない。 自分の目から見ると、なぜこんなにまでも一長一短なのか。相反するとか競合するとか無いのに。 総合評価としてIntelliMouse Optical(後期)とInteliMouse Explorer3.0が合格ラインである。 ※個人差、個体差があるので、そのへんはそれなりに理解してください。


Close

Only
000048.液晶を買った(AL-1731) 
  (2004年05月01日(土) 10:56)

Open
●液晶モニタを買おう
2003/6月頃の話だが、CRTモニタが突然映らなくなってしまった。
飯山製のS701Gだが、5年くらい持ったのかな。大往生だろう。
そこでじゃんぱらで、1,000円くらいのおんぼろ中古CRTを買ってきたのだが、
これまた2003/09月頃、煙を吐いたので捨て。
引越しもして、ある程度片付いたが、配置的に省スペースで、
長持ちしそうなちゃんとしたものを買っておこうと思い、適度な液晶を買うことに。
カテゴリメーカー型番値段
液晶モニタAcerAL1731\54,800(\57,540)フリージア
合計\57,540 
値段が判らなくなってしまったので、2004/04の値段で表記している。 おそらく+\2,000くらいしていたと思われる。 さて、これを選択した条件/理由を挙げてみると、  ・17インチ以上であること  ・アクションゲームも可能な20ms以上であること  ・DVI端子が有ること(S端子かAV端子もあるとなお良い)  ・フルカラーであること で、上記条件に合う液晶は当時日本では一般市場には存在しないようであった。 そんな中で唯一条件にあったのがAL1731。フリージアでしか取り扱っていないとの話。 kakaku.com等にも載っていない。注目した主な仕様は下記の通り。
項目能力/備考
反応速度Total: 20ms(上り15ms、下り5ms)
当時最速は14msで、主流は16ms〜20ms。DVI端子付きだとだいたい20msかそれ以下になる。
数値が高いほど残光等の影響でアクションや3D等のゲームがやりにくくなる。
60msだけ色を変えたときの1色の信号グラフは下記のようになる。

点灯、消灯と書いてしまったが、ただの色の変化のことである。
赤線がVGAからの実際の信号、青線が液晶の発光、横軸は時間で1グリッドが約5ms。
入力系統RGB、DVI/D、S-video、Composite analog
文句無し4系統入力に加え、ステレオスピーカの入力付き。
スピーカはパネルの両下端に付いている。
解像度1280 x 1024 pixels
17インチならこんなもん。
DVI端子の限界が1600 x 1200だそうで。
コネクタ噛ませば物によっては2048 x 1536まで行けます。
当然、DVI本来の綺麗さは損なわれます。
デジタルの遅さが足を引っ張る時代なんですね。
色数フルカラー 16.7m (8-bits per color)
どうせならCGも表示したいのでフルカラーが欲しい。
「フルカラー」といっても世の中にはいろんな表記がある。気をつけねば。(後述)
●発色数表記について スペックを見ていると、「擬似フルカラー」「フルカラー相当」「フルカラー」等と色々表記がある。 調べてみると、各社毎に言葉が違い、中には勘違い出来そうな表記もある。 そこで色々調査してみた。とりあえずキーワードを以下に。  ・FRC【Frame Rate Control】:2つの色を連続で表示することで中間色を作る方式  ・残光:VGAカードからの情報がモニタに到達しても光になるまでに反応速度の分だけの時間を要し、変化中を残光と呼ぶ  ・擬似フルカラー:FRCにより26万(RGB各6bit)色である所を1600万色以上に見せること全般を指す  ・フルカラー相当:擬似とほぼ同等? メーカーによっては1619万色のことだったり、1677万色相当のことだったり  ・ms(ミリセカント):説明するまでも無いが、時間単位で、1ms = 1/1000秒  ・1600万色(16,003,008色):252 x 252 x 252(擬似フルカラー)  ・1619万色(16,194,277色):253 x 253 x 253(擬似フルカラー)  ・1677万色(16,777,216色):256 x 256 x 256(擬似フルカラー/フルカラー) FRCを使うものは、6bit + 2bit FRC という割り振りの場合がほとんどのようである。 さて、ここで、6 + 2 は 8というわけではないので注意。 キーワードで簡単に書いた通り、FRCとは2つの色から第3の色であるように見せるもので、 その補間間隔が2bit(4frame)ということ。 理論的結果でいうと0と4を使って点滅させることで、0,1,2,3,4を作り出すことになる。 実際には下記の通りに行われているのだと想像できる。
Input0frm1frm2frm3frmOutput
00000(4x0 + 0x4)/4 = 0
14000(4x1 + 0x3)/4 = 1
24040(4x2 + 0x2)/4 = 2
34440(4x3 + 0x1)/4 = 3
44444(4x4 + 0x0)/4 = 4
そして248と252から、248,249,250,251,252を表現するのが最後なので、253〜255は表現できない。 253以上は、たぶん発光時にコントラストを1.012倍に増幅して0〜255相当までにしてるとか、そんな感じだろう。 6bit = 64として、(64-1)x4+1 = 253であるから、0〜252までの253段階で、253x253x253 = 1619万色となる。 チカチカする液晶は、上記の通りFRCが原因という事になる。 といっても、4frameな上に残光もあるので、ほとんど見えはしないと思うが。 更に、FRCを使った1677万色も存在する。 一部のものはInputが8bit、Outputが6bit + FRCであったりして、 これを「擬似」や「相当」を付けずに「フルカラー」と呼ぶ場合もある。 中には「16,777,216色フルカラー」と明記してあり、Outputも8bitの純粋なフルカラーか? と思いきや、そうでない場合がある。 これは輝度の少ない低階調部分だけFRCを3bitにしていて、やっぱり6bit + 2bit FRCである場合が多いようだ。
Input0frm1frm2frm3frm4frm5frm6frm7frmOutput
000000000(8x0 + 0x8)/8 = 0
180000000(8x1 + 0x3)/8 = 1
280008000(8x2 + 0x2)/8 = 2
380080080(8x3 + 0x1)/8 = 3
480808080(8x4 + 0x0)/8 = 4
580880880(8x5 + 0x3)/8 = 5
688808880(8x6 + 0x2)/8 = 6
788888880(8x7 + 0x1)/8 = 7
888888888(8x8 + 0x0)/8 = 8
(64-2)x4 + 1x8 = 256となって、256 x 256 x 256 = 16,777,216色と表記できる。 2004/08/28指摘を受けて>よく考えたら、64 + (64-2)*3 + (8-1) = 257 になるのでは?(調査中) この場合、低階調部分のみ3bit(8Frame)で1周期になるので、チカチカというよりかはモワモワという感じになる。 FRCかどうかの判断はWindowsをシャットダウンするとき、細かい格子状になるので、 チカチカすればFRCということになるだろう。 また、テストパターンを使っても見ることが出来る。 テストパターン画像を生成するソフトもある。 要するに大げさな話FRCであっても白と黒の中間が1677万段階あれば「16,777,216色」と表現されるわけらしい。 ということで、AL1731はFRCを使った1677万色のようだ。 ●気になった事 店頭で見たときにはわからなかったが、部屋で使ってみたところ、高周波の音が気になった。 何かに反射した超高音のためか、顔の角度によっては聞こえない。 問い合わせたところ、スピーカ付属のモニタにあることらしい。 使っているうちに気にならなくなったので、とりあえず対策無しで。 それとOSDの表示で日本語が選択できる。 その他、箱や説明書にも日本語が点在している。 日本での販売も考えられているようだが、未だに販売されていないようだ。 その理由はなんなのだろうか。 ●液晶のメリット/デメリットとか メリット  やはり省スペースは心地よい。  一時的に別PCでモニタが必要になっても、持ち運びしやすいし。  家庭用ゲーム機も繋げられるので、かなり広範囲で重宝する。 デメリット  しかし画面が狭い。最大でも1280 x 1024というのは長時間使うには不便かと思う。  そして微妙に高額。AL1731と同機能で 19インチ 1600 x 1200くらいのを\50,000くらいで欲しいのだが。  最近は液晶の改革も進んでいるようで、コストについては今後に期待したい。 考察 うちではDualMonitorが気に入って、切り替え機と入力系統を使って2台のPCでそれぞれDualMonitorにしている。 通常のCRTなので、そこそこスペースを食っているが、解像度は1920x1440x2と、かなり広々している。 液晶を使って第3の画面またはそれ以上も可能ではあるが、液晶の解像度は1280x1024と狭いので、 複数繋げる価値は微妙に少ない。 ELSAから、クワッドモニタ対応のVGAカードなんかも発売しており、 液晶スタンドを使って、4画面なんてことも可能ではある。 液晶の技術も向上してきたようで、コストダウン性能アップに期待したいところ。 ※以上、本当かどうかわからない部分もあり、勘違いしているかもしれません。  ご指摘など、よろしくお願いします。

| HOME | | 10回毎一覧 | | 最新100リスト |
■0x112 ■0x227 ■0x55F ■0xDDF ■0xF36 ■0xF8B ■0xEBC ■0x114 ■0x33F ■0x77F ■0xAAF ■0xEEF
____________Report Library Ver2.00β 2003/08/27_bomber@xps.jp_http://bomber.xps.jp/_