資料室 ページ指定表示
資料室 ページ指定表示
 ■Report Liblary..._____________
| HOME | | 最新3ページ | | 最新100リスト | | 10回毎一覧 | | ANDOR  | | 辞書 |

Close

Only
000006.Viewpointおんぷっちその2とLWのCelShader 
  (2001年03月14日(水) 08:31)

Open
CGをクリックするとViewpoint版を表示します。
前回との違いは、
・ボーンを動かしてポーズをとらせた
・面を細分化で滑らかにした
・テクスチャがズレてしまった(ぉ
ってところでしょうか。
どちらもLightWaveで加工しました。
左の画像はLWのCelShaderでレンダリング。
大きい画像をHTMLタグで小さく表示しているので、
保存してみれば1024x768になっています。

PlanetSideのTerragenは素晴らしすぎる背景ソフト(シェアウェア)です。 体験版でも十分その効果を見る事が出来ますので、是非一度。 Terragenの使用方法等は後日、この資料室に加えたいと思います。 ボーンの設定とかもそのうちということで。 今回はLWのCelShaderの簡単な説明(まだまだ初級編)をします。 アニメ調の塗りをCelShaderと言います。
まず、サーフェイスの設定。
とりあえず、通常どうり設定した後
サーフェイスのシェーダタブから
SuperCelShader 2.13を選択します。
選んだSuperCelShader 2.13をダブルクリックすると
設定が行えます。
パラメータはとりあえず初期様態でOKで、
Use Light Colorsにチェックを入れましょう。
これは着色光を受ける設定です。
Bumped Edgesは縁取りの黒線の設定ですが、
今回は上手く扱えなかったので、また次回にでも。
見え辛いですがLight1を左背後から平行ライトで設置。
太陽光なので白いやや強め(70%)の光にします。
そして、Light2は肌色で通常(50%)の点光源にします。
肌色〜赤の光は、肌の色をソレっぽく引き立てます。
背景はレイアウトの設定の合成でBMP画像を背景とします。
BMPはTerragenで作成後、
PhotoShop等でエフェクトをかけたものです。
そしてレンダーオプションには影、反射、屈折の
レイトレースと、最適化にチェックを入れます。
ですが、今回のようなCelShaderには
影以外の効果はほとんど見れません。(汗
レンダリングが重いなら影以外は外して良いです。
そして、変形状態をオブジェクトに保存して、前回同様にViewpoint化。 同様といっても、テクスチャファイル名は半角文字に変えました。(^^; 関連リンク: PlanetSide(Terragen) 3d-drawing(LWのCelShaderプラグイン。これ購入するかも)

| HOME | | 最新3ページ | | 最新100リスト | | 10回毎一覧 |
■0x112 ■0x227 ■0x55F ■0xDDF ■0xF36 ■0xF8B ■0xEBC ■0x114 ■0x33F ■0x77F ■0xAAF ■0xEEF
____________Report Library Ver2.00β 2003/08/27_bomber@xps.jp_http://bomber.xps.jp/_