資料室 ページ指定表示
資料室 ページ指定表示
 ■Report Liblary..._____________
| HOME | | 最新3ページ | | 最新100リスト | | 10回毎一覧 | | ANDOR  | | 辞書 |

Close

Only
000018.CGIとJavaScriptのサンプル 
  (2001年06月18日(月) 22:42)

Open

ダウンロード:ghjscgi.lzh
リンク:ゴムハンマー投げ

・設計
今回作成したゴムハンマー投げのcgiとhtmlの関係は、cgiがhtmlファイルを呼び出す位置付けにあります。
この設計方法にしておくと、サーバー上のファイルに変数を持つページのレイアウトが容易になります。
デメリットとして、サーバーに負担がかかり、重くなります。
このままだと利用価値的にどうかと思いますが、一応そういう技法も有るということで紹介。



<a href=gh.cgi>ゴムハンマー投げ</a>
 ↓呼び出される

リンクからgh.cgiが呼ばれます



gh.cgiはmsg.datの記録を変数に読み込みます



 ↓出力する

gh.cgiはgh.htmlを1行読んでは、
特定文字列(%acm等)を見つけて変数に変換し、
ブラウザに返します
gh.htmlでは普通に<img>で画像を参照しています
<a href=gh.cgi?name=.....>登録</a>
 ↓

更に出力結果から再起的に呼び出し、
処理後にまた表示させます
この設計技法は、”cgiは触りたくないが、htmlを編集してレイアウトを変えたい”場合に使えますね。 私は別に必要としてませんが。 それと、今回のゴムハンマー投げは、サンプル程度に考えてください。 設計として、あまり出来の良いものではありませんので。 ・意味無し解説 さて、今回のJavaScriptの動きはDynamic Driveにあった物を参考にしてます。 っていうか、ほとんどここの知識なんで、みなさんも是非参考にしてみて下さい。 ・エラーの訳 gh.htmlはgh.cgiから呼ばれることが前提なので、そのまま表示するとエラーがでます
        aptx.style.left = 141 + %avx/1.2;
        aptx.style.top = -215 - %avy/1.2;
%avx、%avyは当然変数ではないので、エラーが出ます。 gh.cgiから呼ばれるときに%avxは数字に変換される仕組みになっています。 ・JavaScriptの構造体 あまり利用されていないJavaScriptの構造体の書き方です
function dot( i ) {		//構造体を定義
    this.X = i;			//構造体の中の変数Xを初期化
    this.Y = i*2;		//構造体の中の変数Yを初期化
    this.obj = eval( "id_dot" + i + ".style" );	//構造体の中の変数objを初期化
}

var dots = new Array();		//dotsという変数配列を定義
init();				//init();を実行

function init() {		//初期化用の関数
    var i = 0;		//カウンタ用変数の定義
    for( i = 0; i < 10; i++ ) {	//10個の配列を構造体として初期化
        dots[i] = new dot( i );	//dots変数にdot構造体を割り当てる
    }
}
#ゴムハンマー投げの記録は、計算の性質用、画面が広いほうが有利です。 #遠心力で投げ飛ばすのが、芸術点も高くなり、そこそこ遠くに飛ばせ、高得点が狙えるかと思います。 ダウンロード:ghjscgi.lzh リンク:ゴムハンマー投げ 関連リンク: Dynamic Drive JavaScriptを使用した質の良いDHTMLサンプルが大量にあります

| HOME | | 最新3ページ | | 最新100リスト | | 10回毎一覧 |
■0x112 ■0x227 ■0x55F ■0xDDF ■0xF36 ■0xF8B ■0xEBC ■0x114 ■0x33F ■0x77F ■0xAAF ■0xEEF
____________Report Library Ver2.00β 2003/08/27_bomber@xps.jp_http://bomber.xps.jp/_